製造部社内研修制度

パン製造技能検定の取得

(技能検定制度とは、職業能力開発促進法に基づいて、国家検定として実施されています)

2級 1級 特級
技能能力者としてようやく熟達の段階に到達した者が有すべき技能程度(高校卒業後2年間の実務経験を経た者に受験資格有) 技能労働者として通常の場合到達しうる最高の技術水準(2級取得後3年間の実務経験を経た者に受験資格有) 管理者又は、監督者が通常有すべき技能:管理的技能(1級取得後5年間の実務経験を経た者に受験資格有)

現在弊社では、

  • 2級技能検定取得者7名
  • 1級技能検定取得者10名

が在職しています。
本社工場製造部社員 35名(平成23年5月現在)
これらの資格についてダイヤは、積極的に取り組んでいます。

  • 外部講師を招き社内勉強会の実施(年4回実施)
  • 自己申告によるパン作り。
  • 1級取得後本社工場幹部への昇格資格有り(各部門の第一責任者を含む)
  • 1級取得者の日本パン技術研究所(パン学校)へ3ヶ月間の入学
  • 2級取得後から新製品開発特別チームへの選抜。講習会展示会への積極的な取り組み。
  • 1級取得後勤務態度と照らし合わせた上、選考して海外研修に参加(アメリカ・ドイツ・フランス・イタリアなど)
  • 年に一度慰安会有り(その他イベント多数有り)
  • 独立開業の支援(但し勤務年数8年以上のもの)

販売社員教育研修制度

販売社員教育研修制度

入社にあたり事前研修を実施いたします。

  1. ベーカリー店販売理論
    人、商品、店作り!この3つ核を細かく分析し店舗スタッフが、出来る最大限の手法を理論的に説明いたします。
  2. 接客接遇の基礎スキル研修
  3. 発声、あいさつ、表情、身だしなみ、態度、言葉使いの基本をたたき込みます。
  4. 商品知識
    入店までの1週間で全ての商品知識を身につけてもらいます。
  5. 入店後も研修継続
    販売、店舗での製造、調理のスキルアップは、当社では、店舗でのO・J・T(仕事をしながら訓練する)が、最も効果的であると考えています。毎日の接客、仕事の中で少しずつ成長できます。
  6. 補足的に店舗以外で研修(OFF・J・T)を実施いたします。
    1. 幹部候補特訓研修 (大阪商工会議所主催)
    2. 接客接遇研修 (外部接客教育コンサルタン講師) 新入社員対象

店長会議研修

店長になると毎月、店長会議で各店舗の現状や目標を発表したり情報交換をします。
これが、また自分を再確認できる研修の場になります。

年度始めの予算ミーティング研修

店長になると毎年5月に1年間の予算計画を立て1年間の獲得売上から人件費、販促費、細かい経費に至るまで詳細の予算設定を行います。一つの企業体の責任者としての手腕が問われる大事な研修ミーティングを実施し一年毎に自分自身の成長と部下育成の有無を体現して行きます。

店長出張研修

業界、店舗の現在、将来の業態を勉強するため大都市圏の商業施設等の出張見学も実施します。

幹部海外視察研修

欧米の店舗視察も実施しています。(フランス、イタリア、オーストリア、アメリカ)